大腸検査の方法とは?準備が大変?

大腸検査といえば、大腸内視鏡検査です。
これは、鎮痛剤を注射したあとに肛門から内視鏡を入れて大腸の一番奥まで挿入し、内視鏡についているカメラによって大腸全体を見て診察するという方法です。

大腸の検査を行う場合には、大腸の中が空っぽになっていなければなりません。
ですから、内視鏡を入れる前にまず大腸の中に詰まっている状態の便を全て出し切る必要があります。
腸内洗浄を行ってから内視鏡検査となるのですが、大腸検査の際に行う腸内洗浄は、洗浄液を飲んで上から下へと水道の水を流すイメージで便を押し出して出し切る方法がよくとられます。
健康のために行う腸内洗浄で使用するようなエネマコーヒーなどを使用する病院はほとんどありません。
ちなみに、洗浄液の量も多くて2リットルほどが必要となるので、全てを飲むのはかなり辛いかもしれません。
2リットルの洗浄液がどうしても飲めないという場合には前日から下剤をもらってそれを使用し腸内を空っぽにして病院へ検査を受けに行くという方法をとることもできます。
それ以外にも浣腸剤をもらってそれを何度か使用して便を出し切るという方法もありますが、これは完全には腸内を空っぽにすることができないため、勧めてくる病院も少ないでしょう。

このように検査の方法自体はどれも同じですし、鎮痛剤を打ってもらえるので痛みも感じませんが、検査を行うまでの準備がとても大変なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>